カテゴリ・ドキュメント

このカテゴリは Emacs のドキュメントに関するものです。そのほかのカテゴリについては、カテゴリ・ヘルプを参照してください。

書籍紹介は、BooksAboutEmacsを見てください。 Emacs入門には、Emacsビギナー / EmacsNewbieがあります。

Emacs には、チュートリアルがついています。チュートリアルを起動するには、C-h tを実行するか、Help メニューをたどってください。チュートリアルでは、編集の方法を少しずつ学びながら、Emacsをエディタとして使うための基本的な操作を知ることができます。詳しくはEmacsTutorialを参照してください。

Emacs には、詳細なマニュアルもついています。GNU/Unix OSのシェルウィンドウでEmacsManualを利用するには、info コマンドを入力します。Emacs上では、M-x info RET (メタキー、たとえばESCを押してxを入力し、その後に"info"を入力して、最後にリターンキーを押す)またはC-h i([Ctrl]+[h]の後にを押す)と入力します。

Emacsの機能を拡張したいときは、EmacsLisp(略称: Elisp )を使います。 EmacsLispイントロ / EmacsLispIntro を読めば、Emacs Lisp プログラミングの基礎はわかるはずです。Emacs Lisp の総合的なリファレンスマニュアルについては、EmacsLispリファレンス/EmacsLispReferenceを参照してください。

Emacs には、ReferenceCardsもついています。 しかし、Emacs は よく言われるように"自己言及型(SelfDocumenting)” エディタです。リファレンス カードは便利には違いありませんが、このエディタの複雑な機能について知りたいときは、大抵の場合、InfoModeを参照した方がよいでしょう。

Emacs 上の特定のライブラリについての情報が知りたいときは、FinderCommentary を参照してください。