カテゴリ・改行と行折り返し

「行折り返し/フィリング(Filling)」 は、「行の折り返し」(word-wrap)を指すEmacs用語です。具体的には、1行が長くなりすぎて画面からはみだししてしまう前に、その行を複数行に分割することを指します。

パラグラフを折り返す方法としては、次のようなものが一般的です。

そのほかに、いくつかマイナーモードがあります。

通常、Emacsでは “ハード"キャリッジリターンと"ソフト"キャリッジリターンを区別していません。行と行の間は、Unixでは改行文字(\n)によって区切られています(Mac OSではキャリッジリターン(/r)、DOSでは改行文字とキャリッジリターンの両方が使われます。このEndOfLine規則は、Emacs内でも適用されます。 改行文字もテキストの一種ですので、Emacsで作成したファイルをほかのエディタから見ると、行の扱いが(長すぎたり短すぎたり)正常に見えないことがあります。

逆に、改行文字がまったく含まれていないテキストの場合は、Emacsは、すべてのテキストを1つの長い長い行とみなして取り扱うので、全体を読むのが非常に難しくなります。 この問題を解決するには、次のようにします。

横に長い行を折り返さずに、ハイライト表示をしたり、検索したりするには次のページを参考にしてください。

行折り返しの解除:

次のページも参照してください: