ボンゴ

ボンゴは美しく, 柔軟で便利なEmacs向けのバッファ志向メディアプレイヤーで, EMMS 2.0から並行して開発されています. Gnu Emacs 21以上で走ります.

コード
http://github.com/dbrock/bongo
メーリングリスト
<bongo-devel@nongnu.org> (http://lists.nongnu.org/mailman/listinfo/bongo-develを見よ) — Gmane gmane.emacs.bongo.devel (http://dir.gmane.org/gmane.emacs.bongo.develを見よ)

ボンゴに含まれている注目すべき機能

ボンゴは現在VLC, mpg321, ogg123, speexdec, TiMidityとMikModのためのバックエンドが存在します. 全てのバックエンドは一時停止と再開をサポートしますが,VLCとmpg321は対話式のシーキングをサポートします. あなたの持っている非対話式バックエンドの定義はとても簡単です. 例えば, これは定義された内蔵バックエンドのいくつかの方法です:

 (define-bongo-backend speexdec
   :matcher '(local-file "spx"))
 (define-bongo-backend timidity
   :pretty-name "TiMidity"
   :extra-program-arguments '("--quiet")
   :matcher '(local-file "mid" "midi" "mod" "rcp" "r36" "g18" "g36"))

もちろん, あなたのシーキングのような対話式操作のためのサポートがついている複雑なバックエンドを追加することは同様に可能です. 例えば, BongoMPlayerを見よ. BongoHacksに気の利いたハッキングのコレクションがあります.

Last.fm

2006年11月11日の時点で, もし‘lastfmsubmit’ 実行可能ファイルを見つけることができるならばLast.fm機能がデフォルトで有効になっています(もしそれがあなたの‘exec-path’になければ, ‘lastfmsubmit-program-name’をカスタマイズしてください). 個々のプレイリストバッファーのためにBongo Last.fm モードを切り替えるためには,‘bongo-lastfm-mode’を使え. 全てのプレイリストバッファーのためにそれを切り替えるためには‘bongo-global-lastfm-mode’を使うかカスタマイズしろ. (bongo-lastfm.elファイルはbongo.elへマージされました, そしてカスタムを使用している場合それはあなたの~/.emacsに何かを置く必要はなくなりました.)