AnsiTerm-ja

これは、 EmacsLisp で書かれたターミナルエミュレータです。 現在では、Emacs バッファ内で vi (または mutt (MuttInEmacs を参照) (あるいは Emacs も☺)が実行できます。

実行するには ‘M-x ansi-term’ コマンドを使用して下さい。

歴史的経緯により、‘M-x ansi-term’ はカラーをレンダリングできますが、‘M-x term’ の方はできませんでした。しかし最近(ref)修正が行われたので、実際の主な違いは、ansi-termが ‘C-x’ を prefix キーとして使用するのに対して、term は ‘C-c’ のバインディングしか拘束しません。また、バッファの名前も少し異なります。

Emacs 22 以降で標準のキーコマンドが認識されない場合には、‘C-x’ prefix キーを使ってみてください。たとえば、‘M-x’ を実行したい場合には、‘C-x M-x’ と入力します。

詳しい設定オプションに関しては、 AnsiTermHints を見て下さい。

注: ansi-term と term は互いに密接に関連していますが、‘M-x terminal-emulator’ パッケージとは完全に別物なので、混同しないようにして下さい。このパッケージは、Emacs 24.4 では obsolete なファイルとして告知されています。 NEWS


CategoryExternalUtilities