Emacsバグ

Emacsのバグを報告するためには, Emacsで‘M-x report-emacs-bug’を使う – 簡単でしょ. バグの報告を恥ずかしがらないで. Emacsの開発者達はそこに本当にバグがあろうとなかろうとあなたの決断を助けます.

あなたがバグを報告する時, あなたのinit fileもしくはcustom fileを読み込まないようにするために, ‘emacs -q --no-site-file’で開始してください(もしくは最近のEmacsのバージョンでは単に‘emacs -Q’). その後あなたが見た振る舞いを再現するために順を追って正確なレシピを提供してください.

詳しい情報は,Emacsマニュアルのバグの章を参照されたし. あなたがどんなバグの挙動を見たかという完璧なレシピなしでは, あなたを助けるのは誰だって難しい.

EmacsBugTracker(もしくはbug-gnu-emacsのメーリングリスト)のなかにあなたのバグが既に報告されていないかを検索して.

あなたは配信時に知られているバグをEmacsのあなたのバージョンのインストール先のetcディレクトリの中のPROBLEMSファイルで探すことができる. – 例えば, /usr/share/emacs/21.4/etc/PROBLEMS.

ライブラリ `emacsbug+.el'

ライブラリ emacsbug+.el は標準ライブラリ emacsbug.el を拡張します, それは‘report-emacs-bug’コマンドを定義します. それは既定に含まれる‘report-emacs-bug’情報の種類を指定することに使うことができるuser option,‘ebp-report-emacs-bug-included-fields’を提供します. そしてもしあなたがそれの既定のいくつかを含まないものを選ぶなら, infoのようなものを挿入する個別のコマンドを提供します. emacsbug-plus-help


カテゴリ・要望リスト カテゴリ・デバッグ カテゴリ・ヘルプ