FlymakeJava-ja

次の 2行を .emacs ファイルに追加してください

(require 'flymake)
(add-hook 'java-mode-hook 'flymake-mode-on)

単一ファイルでのアドホック

一つひとつの Java ファイルで flymake を使うには、flymake-simple-cleanup 関数とともに、以下の init 関数を利用してください。

(defun my-java-flymake-init ()
  (list "javac" (list (flymake-init-create-temp-buffer-copy
                       'flymake-create-temp-with-folder-structure))))

そして、この関数を使うには次の関数を追加します。

(add-to-list 'flymake-allowed-file-name-masks '("\\.java$" my-java-flymake-init flymake-simple-cleanup))

Make を使った Java シンタックスチェック

こちらは、Java のソースファイルに対して flymake.el を実行するように設定するコマンドです。

make -s -C ~/src/java/hello/ CHK_SOURCES=/tmp/../hello.java SYNTAX_CHECK_MODE=1 check-syntax

これを機能させるには、MakeFile に次の数行を追加します。

.PHONY: check-syntax

check-syntax:
	javac -Xlint $(CHK_SOURCES)

次のコードも追加しておくと良いでしょう。“make test-fast” とタイプすることで、コンパイルを実行し、最後に更新された Java プログラムを実行します。

RECENT_JAVA := $(shell ls -1t *.java | head -1)

test-fast: $(basename $(RECENT_JAVA)).run

%.run:	%.class
	java $(basename $<)
%.class:	%.java
	javac $<

Flymake が正しく実行されるように、以下のコードを ~/.emacs.d/init.el ファイルに追記します。

(when (require 'flymake)
  (set-variable 'flymake-log-level 9)
  (setq flymake-start-syntax-check-on-newline nil)
  (setq flymake-no-changes-timeout 10)
  (add-hook 'java-mode-hook 'flymake-mode-on))

JDEE を使った Java シンタックスチェック

JavaDevelopmentEnvironment を使用しているなら、 JdeeFlymake をチェックしてください。

- NascifAbousalhNeto

(JdeeFlymake and thealternative did not work for me and after some hacking I came up with a workable situation: FlyMakeJdeeEclipse

- jwickers

I have also posted some instructions on how you can tweak the ECJ options to be a little more useful, and how to integrate this with another checker such as check style: http://jwickers.wordpress.com/2008/10/13/tweaking-flymake-for-java/

If you are not using jdee, but still want to run flymake for java you can try to use ecj flymake


FlyMake CategoryJava